Apr 29, 2020
 in 
Report

TechChill Report vol.2. 50 Founders Battle, グリーンテック

TechChill 2020より、ピッチバトル「50 Founders Battle」のGreentech (グリーンテック) セッションの全スタートアップを紹介する。
この記事は翻訳転載であり、配信元または著者の許諾を得て配信しています。
No items found.
View the Original Article
この記事は翻訳転載であり、配信元または著者の許諾を得て配信しています。
Translated from

2020年2月20・21日に、ラトビアの首都リガで開催された「TechChill 2020」。SUNRYSEは同カンファンレンスのオフィシャルパートナーを努め、現地での取材を実施した。

今回はステージセッションの中から、ピッチバトル「50 Founders Battle」のGreentech (グリーンテック) セッションの全スタートアップを紹介する。

Artusystem

https://www.artusystem.com/

Artusystemはガソリンの代用品となるエコな燃料を開発している。燃料コストと排気ガスを50%削減する。

The Littery

https://www.thelittery.com/

The Litteryの設置したゴミ箱に、ゴミを捨てることで宝くじをもらえるサービス。一般消費者のゴミ拾いを促進する。

wastefox

https://wastefox.ee/

家庭で出る生ゴミを有機肥料に変えるボックスを販売。ラトビアでは食料廃棄が多いという問題を背景としているそう。

nectWORLD

https://nect.world/

ノマドワーカーのためのモバイルルーター。グリーンとの関係がイマイチわからなかった。

R8 technology

https://r8tech.io/

ビル管理を効率化・一元化するソフトウェアを展開。エアコンや電気などのエネルギー管理を自動で最適化する。

ADIA NANOTECH

https://www.adianano.com/

ナノテクノロジーによって、産業応用の可能性のある素材を開発するスタートアップ。応用例として、リチウムイオン電池の性能を改善するフィルムを挙げていた。

Woola

https://www.facebook.com/woolapackage/

商品の輸送などで用いられる緩衝材(いわゆるプチプチ)の代用品となる、羊毛から作る緩衝材を開発。エストニアではECの消費が多いことから、緩衝材のゴミ問題が深刻だという。

Meredot

https://www.meredot.com/

無線充電モジュールを開発するスタートアップ。ピッチでは、電動キックボードの事業者と連携して、街中に充電ステーションを設置する計画を披露。BirdやLimeなど電動キックボードのサービスが増えているが、筐体の充電のために一台一台改修してメンテナンスしているという背景がある。

EMPYRIO

http://empyrio.com/

下水処理場から出る廃棄物を、肥料やガスに再利用するために、余分なものを取り除くシステムを開発。

Greenix

http://green-ix.com/

家庭で大麻を栽培できるキットを販売。大麻のClick&Grow。「ケミカルを混ぜるような悪徳なディーラーからマリファナを買うのをやめよう!」とのこと。

いかがでしたでしょうか?Greentechセッションは特にオーディエンスが多く、ヨーロッパの消費者のサステイナビリティ意識の高さに加え、投資対象としての注目度の高さを思い知りました。

海外スタートアップのリサーチデータベース

毎月200社を超える、世界中の最新スタートアップのリサーチ記事をお届け。最新のスタートアップトレンドにキャッチアップしましょう。
無料ではじめる