Jun 17, 2020
 in 
Translated

フィリピンでは諸外国に比べてスマートフォンでの銀行口座開設数が多いという研究

米国が18%、英国では25%、一方でフィリピンでは26%のユーザーがスマートフォン経由で銀行口座を開設しているという。
MIN READ
この記事は翻訳転載であり、配信元または著者の許諾を得て配信しています。
Translated from

シリコンバレーに拠点を置くグローバルな分析ソフトウェア会社の「FICO」が発表したフィリピンにおけるユーザーのデジタルバンキング調査によると、フィリピンの人々は米国や英国のユーザーよりもスマートフォンでの銀行口座開設を好む傾向にあるという。

同調査によると、フィリピンの人々の実に26%がスマートフォン経由での口座開設を好むのに対し、米国では18%、英国でも25%という数字となっている。

「FICO」のアジア太平洋地域における、詐欺・セキュリティ・コンプライアンス担当のSubhashish Bose氏は、次のように述べる。「フィリピンにおける(メインの)消費者はデジタルネイティブです。フィリピン人の約40%がスマートフォンを保有しており、最近の調査では、彼ら彼女らは世界のモバイル経由のインターネットユーザーのトップ10にランクインしています。そして一日の平均4.58時間を携帯電話の操作とともに過ごしているのです。」

調査では、フィリピンではデジタル口座開設が急速に普及しており、結果として76%のユーザーが何らかの金融口座をオンラインで開設すると答えたという。またオンラインで口座開設をすると答えたユーザーのうち、40%が日常的な普通口座、38%がクレジットカード、33%があ個人向けのローンを検討しているという。

しかし、55歳以上の46%がオンラインでの銀行口座開設をすると答えており、もっとも若い層が遅れをとっている事実に対して、年配のユーザーがデジタル化を推進している可能性が高いこともわかった。18歳~24歳の28%がオンラインで銀行口座開設を行うと答えたのに対し、25歳~34歳、35歳~44歳、45歳~54歳の40~45%が同じ回答をしたという。

関連記事:Digital payments startup Ayannah diving deep into Big Data

「この数字の本当の意味は、はるかにニュアンスが異ります。フィリピンの若者はスマートフォンやコンピュータを十分使いこなしていますが、一方で、歳が若いと銀行口座を開設するのに必要な身分証を保有していないパターンや、定期収入がないために、あまり好ましくない形での口座開設の提案を受けたりします。例えば、フィリピンの多くの銀行では、毎月の口座維持手数料を回避するために、一定額以上の最低残高を設定しているのです。」

「COVID-19に対応して、ユーザーのオンラインサービスへの依存度が高まるにつれ、意思決定のシフトがより進み、実際に銀行口座をデジタルで開設するようなケースが増加し、そして受け入れられていくと予想しています。銀行は、ユーザーによる手続き放棄や競合他社への乗り換えを阻止するために、その手続きのプロセスに摩擦が生じていないかどうか精査する必要があります。」とBose氏は述べている。

フィリピンの人々は、口座開設の手続きが完全にデジタル化することを期待している

調査では、フィリピンの人々の多くが、口座開設のあらゆる手続きをオンラインや携帯電話で完結できるようになる状態を望んでいることが判明した。

口座開設に必要な通常の本人確認において、67%のフィリピン人が書類のスキャンや自撮り画像で本人確認が可能になることを、47%の人がオフラインでの住所証明を、そして45%が指紋スキャンなどの生体認証の導入を期待しているとのことだ。

口座開設に必要なあらゆるアクションがその場で完了しない場合、わずか41%しかその必要な手続きをオフラインで代わりに行うだろうという回答をしなかった。

そして約33%の人々が、電話や書類の郵送、店舗への来店などのオフラインでの行動を最後まで行うだろうという。また、5%の人々が完全にその行動を諦めるだろうと言うのに対し、さらに13%の人々は別の会社で試すことになるだろうと述べた。

関連記事:Fintech in the Philippines: opportunities, challenges and why global participation is critical

全体調査によると、完全に口座開設の完全なデジタル化を推進しないフィリピンの金融機関は、新規顧客の40%以上を失う可能性があると明らかになった。

「申請者のうち、無事ファネルを通過して手続きを完了させることができるユーザーはわずか6~9%に過ぎないという調査結果もあります。銀行の経営者達は、認証済みと非認証の申込書の申し込み完了率や、保存された申込書や放棄された申込書を持っている申請者の中で、どれほどのユーザーがプロセスの継続のために戻ってくるか、といったことを正確に見直す必要があるでしょう。」とBose氏は述べた。

フィリピン以外では、ブラジル、カナダ、ドイツ、マレーシア、メキシコ、フィリピン、スウェーデン、英国、米国を含む10カ国の5,000人の成人(18歳以上)を対象に、FICOのコンシューマー・デジタル・バンキング調査の定量的な世論調査が行われたということである。

詳細はこちらから。

翻訳元: Survey: Filipinos are more open to creating bank accounts via smartphones compared to foreigners

海外スタートアップのリサーチデータベース

毎月200社を超える、世界中の最新スタートアップのリサーチ記事をお届け。最新のスタートアップトレンドにキャッチアップしましょう。
無料ではじめる
この記事は翻訳転載であり、配信元または著者の許諾を得て配信しています。
Translated from
Translated from

e27

An online and offline platform that equips entrepreneurs with tools to build and grow their companies.

View the Original Article
海外スタートアップの最新トレンドを
ニュースレターでお届け!
ニュースレターに登録いただきありがとうございます。最新ニュースをメールにてお届けいたします。
Oops! Something went wrong while submitting the form.