Oct 19, 2020
 in 
Translation

アフリカの電気は最先端?:再生可能エネルギーに注力するナイジェリア

ナイジェリア中央銀行(CBN)が国内再生可能エネルギーの導入を強化する計画を発表した。ナイジェリアのエネルギー事情を基に、同計画の意義や落とし穴について解説する。
2
MIN READ
この記事は翻訳転載であり、配信元または著者の許諾を得て配信しています。
Translated from

ナイジェリア中央銀行(CBN)は国内再生可能エネルギーを強化する計画を発表した。これはナイジェリアの持続可能経済対策の一環であり、新型コロナウイルスの影響に対する政策的対応でもある。

CBNによると、再生可能エネルギー分野のプレーヤーは、ナイジェリアのオフグリッドの農村地域に電力を供給するために、最大で5,000億ドル(130万ドル)の融資枠を利用できるようになる。

連邦政府は、民間の太陽光発電事業者の参加を促進し、グリッドに接続されていない地域の 500 万世帯に太陽光発電を導入すると表明している。

人口動態・健康調査(DHS)プログラムでは、ナイジェリアの各家庭には平均 5 人がいるとされている。単純計算で言えば、新たに2,500 万人が電気を利用できるようになる。

また、ナイジェリア経済持続可能性計画(NESP)では、スタートアップ企業や中小企業に救済資金を提供し、100万人分の技術職を創出する計画が含まれている。

太陽光発電施設のプロジェクトはピークに突入しており、CBNは太陽光エネルギー分野で25万人の雇用を創出できると考えている。

ナイジェリアの電力問題について

国際エネルギー機関(IEA)の報告書によると、1990年以降、アフリカの電力需要は着実に供給量を上回り、大規模な電力不足が生じている。

以前の記事では、ナイジェリア政府が中小企業やスタートアップ企業を救うために計画している計画において「電力供給」が重要な要素であることを強調した。この取り組み自体は賞賛に値すると思われるが、スタートアップや中小企業を救う計画という文脈の中ではいくつかの疑問が生じる。

ナイジェリア経済は長年にわたり、信頼できる電力不足が中小企業やスタートアップ企業の経済活動を鈍らせてきた。ほぼすべての起業家はバックアップ電源に投資しなければならず、その多くは高価な発電機を使用している。

一部のスタートアップ企業は、この TechCabal レポートで示されているように、オフグリッドエネルギーに多額の投資をしなければならないこともある。

この問題はナイジェリアのテック起業家によって強調されている

また、中小企業やスタートアップだけに限ったことではなく、大企業や製造業の大企業でさえも同じ問題に直面している。

ナイジェリア商工会議所連合会(NACCIMA)の会長であるHerbert Ajayi氏は報告の中で、2009年から2011年の間に、劣悪なインフラや電力供給に起因する厳しいビジネス環境のために800社が操業を停止したと述べている。

都市部と農村部の違い

https://i1.wp.com/techpoint.africa/wp-content/uploads/2017/09/Africa-microgrid-restrcited-solar-power.jpg?resize=775%2C518&ssl=1

ナイジェリアの農村部から都市部への移住は長年にわたり着実に増加している。

最新の世界銀行のデータによると、ナイジェリアの農村部人口は48.8%となっている。

再生可能エネルギースタートアップ企業の幹部であるAdekunle氏によると、今後、政府の規定により、インターネットに接続できず、道路も整備されていない農村部にミニグリッドシステムを提供することが可能になる。

このような場所では、ほとんどの場合、農業をベースとした経済活動が行われており、産業やインターネットの活動はほとんど行われていない。

一方、都市部では人口が急増しているため、オングリッドシステムへの負担が大きくなっている。大企業、スタートアップ企業、中小企業は、ラゴス、アブジャ、ポートハーコートのような都市部に集中している。

先月、国の送電網に接続されているユーザーの電力料金が値上げされ、燃料費も上昇した。しかし、Adekunle氏が説明するように、都市部では太陽光発電事業者の活動は非常に制限されている。

AfricArenaは、State of Tech in Africaのレポートで、アフリカでは約6億世帯が信頼できる電力へのアクセスがないことを明らかにしており、アフリカ大陸のオフグリッドエネルギー市場には大きな可能性があることを示している。

プラス面では、ソーラー機器の製造・組立に携わるスタートアップ企業がナイジェリア政府の取り組みの恩恵を受け、国内の再生可能エネルギー技術の全体的な発展に貢献する可能性が挙げられる。

オフグリッドエネルギーを未開地に届けるという動きは称賛に値するかもしれないが、ナイジェリアの中小企業やスタートアップ企業が集中している都市部における電力供給問題に対する施策も必要とされている。

翻訳元:Nigeria’s economic recovery plan and a million-dollar bet on renewable energy

海外スタートアップのリサーチデータベース

毎月200社を超える、世界中の最新スタートアップのリサーチ記事をお届け。最新のスタートアップトレンドにキャッチアップしましょう。
無料ではじめる
この記事は翻訳転載であり、配信元または著者の許諾を得て配信しています。
Translated from
Translated from

Techpoint. Africa

A leading media platform dedicated to startups, entrepreneurship, innovation, and technology in Africa.

View the Original Article
海外スタートアップの最新トレンドを
ニュースレターでお届け!
ニュースレターに登録いただきありがとうございます。最新ニュースをメールにてお届けいたします。
Oops! Something went wrong while submitting the form.