May 20, 2020
 in 
Translated

いまや1000以上ものスタートアップを抱えるリトアニアの成長

EU随一のスタートアップ先進国として近年急速な成長を見せているリトアニア。その成長の過程とは?
この記事は翻訳転載であり、配信元または著者の許諾を得て配信しています。
Translated from

Startup Lithuania

The national startup ecosystem facilitator between fast growing business, venture capital funds, and so on.

View the Original Article
この記事は翻訳転載であり、配信元または著者の許諾を得て配信しています。
Translated from

近年、リトアニアのスタートアップエコシステムは、急速な発展率を達成しており、その成功は誇るべきものであると言える。データベース「Startup Lthuania」によると、リトアニアで登録されている革新的な企業の数はすでに1,021社に達している。リトアニアのスタートアップ企業は現在エストニアの1,017社と並び、ラトビアの352社という数字に大きく差をつけている。

「数年前、経済イノベーション省(the Ministry of Economy and Innovation set)はリトアニアのスタートアップ登録企業数を1,000社にするという非常に野心的な目標を掲げたのです。しかし、当時のリトアニアのスタートアップデータベースに登録されていたのはたった380社程度に過ぎませんでした。今日、リトアニアには誇るべき実績、すなわち著名なスタートアップの数が1,000社を超え、最初のユニコーン企業も誕生したという実績があります。リトアニアが急速な成長を遂げている有望なスタートアップエコシステムとして徐々に世界的な注目を浴びていることは我々にとっても嬉しいことです。」と、経済イノベーション副大臣のMarius Skuodis氏は述べる。

「Startup Lithuania」("Enterprise Lithuania"のスタートアップエコシステム開発ユニット)の責任者であるRoberta Rudokienė氏によると、革新的な企業の数々には正式なスタートアップとしてのステータスが付与されておらず、スタートアップの数をカウントして登録することは非常に困難であるという。そのため、「Startup Lithuania」が管理するスタートアップデータベースは、スタートアップエコシステムの状況を追跡・分析できるツールとしての役割を担っている。また、データベースに登録されているリトアニアのスタートアップ数の増加には、いくつかの理由があったことも付け加えている。「スタートアップの創出は、アクセラレーターやベンチャーキャピタルファンドなどの新しいエコシステムプレイヤーの出現や、より魅力的なオプション課税条件など、政府が承認したビジネス環境を改善するための取り組みによって、間違いなく推進されてきました。これらの取り組みをはじめとする多くの取り組みが、スタートアップ企業の起業や育成に有利な環境を生み出しています。しかし、リトアニアのエコシステムのすべての参加者である科学技術パーク、アクセラレーター、ベンチャーキャピタルファンド、その他の国家機関がリトアニアのスタートアップに関する情報を共有し、その結果としてスタートアップが「Startup Lithuania」データベースに登録されたことで、この数が達成されたことも強調しておく必要があります。リトアニアのスタートアップに関するより正確なデータを持つことで、リトアニアのスタートアップの問題点をより明確にし、リトアニアでの革新的なビジネスの創造と発展を促進する方法を探すことができるので、我々はこの共同作業に満足しているのです。」とR. Rudokienė氏は述べる。

急速に拡大するエコシステムとその参加者がますます投資家の目を惹きつけるような事例は顕著であり、2019年に行われた「Dealroom.co」の分析によれば、2013年以降、外国人投資家とローカルなあ投資家に夜リアトアニアのスタートアップに対する投資はすでに5億300万ユーロ以上にも及んでいる。

「投資総額で見ると、リトアニアは東欧諸国の中で4位に位置しており、2013年以降、リトアニアのベンチャーキャピタル投資の伸びは135%に達し、隣国のエストニア(88%)やラトビア(8%)と比較して最も高くなっています。最近では、リトアニアで事業を展開しているスタートアップについて、外国人投資家との競争が激化しているというような話も地元の投資家から聞こえてきています。」と「Startup Lthuania」の代表は述べる。

現在、リトアニアの新興企業をまとめた「Startup Lithuania」データベースでは、まだ法的地位を得ていないが製品開発に積極的に取り組んでいる企業と、すでに事業開発が進んでいる企業の両方の、さまざまな段階の革新的な企業に関する情報を提供している。リトアニアでは、経営管理システム(16%)、金融技術(13%)、健康(8%)、物流やモビリティ(6%)、ゲーム産業(5%)などの新興企業が大半を占めていることがわかる。所在地別に見ると、半数以上の企業がヴィリニュス(60%)、第2位はカウナス(38%)、第3位はクライペダ(2.4%)である。データベースの情報によると、リトアニアのスタートアップは主に企業向けのソリューション開発(B2B)を行っており、その数は542社、一般向けの製品やサービス(B2C)を開発しているスタートアップは391社となっている。また、外国企業をリトアニアに誘致するための「スタートアップビザリトアニア」プログラムを利用して事業を展開しているスタートアップが39社となっている。

2019年、リトアニアのスタートアップは国内外の投資家から1億7,000万ユーロ(約1億7,000万円)以上の投資を集めた。最初のユニコーンが登場し、彼らは古着販売プラットフォーム「Vinted」として活躍している。「unicorns.ltが提供した情報によると、法的地位を持つリトアニアのスタートアップは2019年に8,700万ユーロの税金を支払い、スタートアップの平均給与は2,400ユーロに達したとのことである。

翻訳元: Startup Lithuania "Lithuania has more than a thousand of startups"

https://www.startuplithuania.com/news/lithuania-has-more-than-thousand-startups/

海外スタートアップのリサーチデータベース

毎月200社を超える、世界中の最新スタートアップのリサーチ記事をお届け。最新のスタートアップトレンドにキャッチアップしましょう。
無料ではじめる