Oct 16, 2020
 in 
Translation

【ブラジル】Googleが黒人創業者向けのファンドを設立した理由

「反黒人差別運動(Black Lives Matter運動)」が世界中で広がる中、人種差別撲滅に対する企業側の貢献も求められ始めている。本記事では、Googleが設立したBlack Founders Fundについて解説する。
1
MIN READ
この記事は翻訳転載であり、配信元または著者の許諾を得て配信しています。
Translated from

Contxto - 米国の黒人男性暴行死事件に端を発した「反黒人差別運動(Black Lives Matter運動)」は南米全土でも展開されている。中でも人口のほぼ57%が褐色人種で占めるブラジルでは、想像以上の広がりを見せており、各地で人種差別撲滅を訴えるデモが展開されている。

この動向に各企業も対応し始めている。例えば、Googleはブラジルで「Black Founders Fund」を立ち上げ、人種差別撲滅運動への貢献の姿勢を示している。

同ファンドには500万レアル(約945,000米ドル)が用意されている。ブラジルで事業を展開する黒人創業者が指揮を執るアーリーステージのテック系スタートアップに分配する予定である。本プログラムでは、シード投資を希望する約30社に資金を提供する予定である。

同ファンドを通じて、起業家のビジネスを成長させ、より多様かつ収益性の高い持続可能なエコシステムを構築することを目的としている。

ブラジルにおける黒人創業者の問題

ブラジル全土でデモや啓発キャンペーンが展開される中、起業家コミュニティにおいても人種差別撲滅と黒人創業者創出の促進の重要性が説かれている。

Locomotiva Instituteの調査によると、ブラジル黒人人口の57%が、黒人による企業が偏見や差別などにより不利になると感じている。

黒人創業家は、融資や資金調達の機会が限られているなど、多くの障壁が起業の可能性を阻害している。

GoogleとBlack Founders Fund

GoogleはBlack Founders Fundを通して資金提供する投資先企業の株主にはならないことを表明している。

「事業推進をサポートするが、正式なパートナーにはならない。また、投資に対する金銭的なリターンを得る予定もない」と同社は言う

Googleは南米においては、既ににラストワンマイル配送スタートアップ TrazFavela、人事ソリューションプロバイダーのCREATORS、EコマースプラットフォームのAfropolitanなどに投資している。

Black Founders Fundは2020年9月時点で応募を受け付けており、今後18ヶ月以内に投資先企業を選定する予定である。

翻訳元:Google to disperse US$945K for Black Founders Fund in Brazil

海外スタートアップのリサーチデータベース

毎月200社を超える、世界中の最新スタートアップのリサーチ記事をお届け。最新のスタートアップトレンドにキャッチアップしましょう。
無料ではじめる
この記事は翻訳転載であり、配信元または著者の許諾を得て配信しています。
Translated from
Translated from

CONTXTO

A media and data company for Latin America's startup, tech, and VC scene.

View the Original Article
海外スタートアップの最新トレンドを
ニュースレターでお届け!
ニュースレターに登録いただきありがとうございます。最新ニュースをメールにてお届けいたします。
Oops! Something went wrong while submitting the form.